フルートメダカだよ

アクセスカウンタ

zoom RSS フルート吹き 激痛 救急車 入院!!

<<   作成日時 : 2011/09/26 10:40   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 もうすっかり秋めいてきた南国薩摩。
7月末から全然書き込みできなかったこの笛吹き童爺のひとり語り。
7月元から痛みをこらえながらの演奏仕事のあげくに、7月29日、激痛に見舞われて救急車で運ばれて入院。

 8月31日に勝手に退院を決めて病院脱走(?)。それから約3週間の自宅。
病院でのリハビリにも通わず、まだまだ全く不自由な脚、肩、腕、手、指と何とか折り合いをつけながら自主リハビリ中。

 病院で与えられた病名は「偽痛風」。
普通の痛風が尿酸値が高くなって足の指先などに痛みをもたらすのに対し、この「ニセの痛風」とやらは尿酸値が低くても起きるとのこと。
足首、ひざ、股関節、肩、ひじ、手首など大きな間接に激痛が走る。
普通は安静にしていると2,3週間からい、2か月で自然と治るものらしい。
でも、ぼくの場合、発症から丸3か月近くたつ今でも、アチコチ足腰、肩、手、指といまだに不自由。

 ありがたいことに、入院を聞きつけた何人かが心配して見舞いに来てくれるし、退院してからも民間療法のスゴイ力を持った治療師の先生方を県内はもちろん、遠く長野、東京からも呼んで下さり、一生懸命に、時間もいっぱいかけて治療・施術してくださる。
本当にありがたい。心から感謝!!
まぁ、先天性痴ほう症、かつ超楽天主義、楽観主義のぼくゆえ、チョコット心配したり、不安がチョイトよぎっても毎日落ち込んだり、めげたり、ましてやうつ状態になることもなく、明るく、気分よく、心平和に、心豊かに過ごせてる。
これもすべて、感謝すべき善き妻、ヤッコ殿の理解と介護のおかげ、まわりのたくさんの心優しく援助、マッサージなどして下さる方々のおかげ。

 きっと回復させて、再生再起して見せます。
コンサートだって、みんなと一緒に参加できてるしね。
8月21日の「東日本大震災チャリティー メダカノコンサート」だってステージで病院を抜け出して吹いたしね。

さぁ、また笛吹き童爺は明るく、楽しく、元気にみんなと一緒にアレコレやっていくぞ。
無理せず、ゆっくり、じっくりリハビリしながらね。
ではでは ではまた・・・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。7月から、書き込みがなかったので、心配しておりました。10月になってしまいましたが、お元気ですか。
朝晩寒くなってきましたので、お風邪を召さぬようリハビリがんばってくださいね。
みやーこ
2011/10/11 15:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
フルート吹き 激痛 救急車 入院!! フルートメダカだよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる